高卒で入った会社は、誰もが知っている超有名企業だったため、特に父は有頂天になって、誰彼かまわず、娘があの会社に入ることになった、と言いふらしていました。
自分の転職に家族がどう反応した?

高卒で入った会社は…

■ 45歳 女性の場合
高卒で入った会社は、誰もが知っている超有名企業だったため、特に父は有頂天になって、誰彼かまわず、娘があの会社に入ることになった、と言いふらしていました。

ところが会社に入ってみると、事務仕事でのんびりやっている同期を横目に、私だけが別の仕事に就き、各部署を駆けずり回って作業着を泥だらけにしていました。

担当部署に行っては頭を下げ、納期までに何とか仕上げてくれるように頼むのですが、誰も新人の言うことなどまともに取り合ってくれません。無視されることもたびたびで、悔しくて涙したことも何度もありました。
会社を辞める前にはほとほと追い詰められていて、家でも泣いてばかりいましたから、母には、そんなにいやならやめてしまえ、と怒鳴られる始末です。
双子の姉だけが味方になってくれ、スイーツを買ってきてくれたりして慰めてくれたものです。

転職すると決めたときも、双子の姉と、もう嫁いでいた一番上の姉は、「きっと他にいいところがあるよ」と言ってくれました。
母はこれでせいせいするといった顔をしていたし、父に至っては超一流企業をやめることに腹を立てていました。
そのとき私は、これからは両親には期待しないでおこう、と思ったような気がします。